まだ試してない?Vライン黒ずみに効く美白クリームランキング
Vライン黒ずみクリーム決定版 > おすすめ皮膚科 > Vラインの黒ずみを皮膚科で解消!おすすめ医院を紹介!

Vラインの黒ずみを皮膚科で解消!おすすめ医院を紹介!

タイトル:皮膚科でVラインの黒ずみが解消できる?

最近では、夏でなくても、水着になる機会が多いです。
室内プールや水着着用の混浴などもあります。

そうすると、どうしても人目が気になります。

特に気になるのが、そう!Vラインの黒ずみです。
多くの女性が悩むこのVラインの黒ずみ。
同性にも見られるのは、いやなものです。

しかし、恋人に黒ずんだVラインに気づかれるのは、もっとイヤなものです!
そこで、どうしたら、簡単にVラインの黒ずみをすっきり解消できるのか?
実は、皮膚科でVラインの黒ずみを解消できちゃうんです!

Vラインの黒ずみ原因はこの4つ!

Vラインの黒ずみの原因をご存知ですか?
黒ずみの原因は、以下の4つが主な原因とされています。

原因その1:下着の摩擦

下着を履いていると必ず起こるのが、Vラインの摩擦です。

また、下着だけでなく、タイトなパンツなどを履いていると、摩れる頻度が高くなるのです。
この摩擦が原因で、肌が傷つき、それを修復しようとメラニンが堆積するのです。

また、この摩擦が原因の黒ずみは、「摩擦黒皮症」と呼ばれるもので、肌の深い部分にできてしまうものです。
「摩擦黒皮症」の改善には、時間がかかるので、根気がいります。

さらに、VIOラインはメラニンが堆積しやすい部分なので、簡単に黒ずんでしまうのです。

原因その2:Vラインを自分で脱毛

VIOラインはとてもデリケートで、黒ずみやすい部分。
そのVIOラインを自分で脱毛するだけで、刺激が強いんです。
ムダ毛処理することで、傷つけてしまい、上記同様、肌が傷を修復しようとするのです。 

自分で脱毛するのは黒ずみの原因になりますが、クリニックでの脱毛には逆に黒ずみ予防になります。
脱毛するなら、クリニックで行いましょう。

原因その3:かぶれ&炎症&かゆみ

炎症を起こすと、皮膚は色素沈着が起こりやすいというのは、ご存知でしょうか?
特に、VIOラインは炎症を起こしやすいのです。
その理由は、汚れやすい部分だからです。

また、かぶれが原因で、痒みが起こり、さらに掻きこわしてしまうと、結果的に、炎症を起こしてしまいます。
その結果、色素沈着が起こりやすくなります。

原因その4:ホルモンバランスの乱れ

女性は様々なことが原因で、簡単にホルモンバランスが崩れやすくなります。
それが原因で、VIOラインに色素沈着が起こる場合も!

ただし、出産、生理不順などが原因での色素沈着の場合は、婦人科で相談するのがベター。

皮膚科でVラインの黒ずみを解消できる?

皮膚科でVラインの黒ずみをすっきりできるなんて、ちょっとビックリします。
そもそも、Vラインの黒ずみを皮膚科に?と思いますが、病院で相談できるんです。
特にデリケートな部分なので、変なものを使いたくないです。

その点、病院で処方される薬はきちんとしたドクターが出すものなので、安心できます。

皮膚科でのVラインの解消法は?

皮膚科でのVラインの解消はどんなことをするのでしょう?
ちょっと、人になかなか相談しづらい部分なので、気になるところです。
基本的には、患部を見てもらい、処方薬を出してもらうだけです。

しかし、一部の方は手術などが必要な場合も。

外用薬&内服薬で黒ずみをノックアウト!

一般的には、外用薬で黒ずみを解消することが多いです。

黒ずみに効く外用薬

ハイドロキノンクリーム:Vラインの美白に効果的です。
※市販のものは、効果が強すぎて色が抜けすぎることも。

ハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらうのが良いです。
トレチノインクリーム(ビタミンA誘導体):肌のターンオーバーを促進します。

外用薬以外にも、内服薬を処方されることも。
その場合、シミ予防に効果的な成分を含んだものが処方されます。
これは、肌内部から美白を促進するためです。

黒ずみに効く内服薬

ビタミンC・ビタミンE:抗酸化作用が強い成分です。
トラネキサム酸:メラニン色素を放出するメラノサイトを抑制する働きがあります。

保険は適用される?されない?

残念ながら保険は適用されません。
保険は健康維持に必要かどうかで判断されますので、基本的にはNGです。
そのため、処方されるクリームなどの価格自体を抑えることはできません。

効果が出るのはどのくらいで?

Vラインの黒ずみの解消にかかる時間や効果は人それぞれです。
短期間で必ずVラインの黒ずみは消えるとは言い切れません。

しかし、少しずつでも効果がでますので、根気よく続けることが大事です。
また、最低でも半年前後は続ける必要があります。
※休薬期間もあるため、長期スパンを覚悟する必要があります。

レーザーによるホワイトニングで!

長期スパンでは続けられないという方、黒ずみがひどい方はレーザーでホワイトニングをするのがベター。

黒ずむ前にVラインのケアをしっかりと!

日々の肌ケアはしていますか?
毎日、きちんと肌のケアをすることもVラインの黒ずみ予防に大事なことです。

保湿クリーム&オイルなどで摩擦を少なく!

Vラインは傷がつきやすく、乾燥もしやすいので、黒ずみもできやすい部分。
それでは、日々のケアはどうすればいいのか?

ちょっとした手間をかけるだけで、黒ずみの予防になります。
クリームやオイルなどで、保湿するだけで、摩擦を減らすことができます。
朝晩、塗るようにすると、黒ずみの軽減にしっかり効果が出ます!

肌にやさしい下着を選ぶ

肌にやさしい下着を選ぶこともトラブル解消につながります。
シルク、コットン、オーガニックコットンなど、肌に優しいものを選びましょう。

また、サイドに縫い目のない下着も出ているので、活用しましょう。

ビタミン群を多く摂取しよう

日々の食事でもビタミン群を多く摂るように心がけるのもよいです。

また、足りないと感じた場合は、マルチビタミンなどを摂りましょう。

おススメの皮膚科はどんなところ?

おススメの皮膚科は美容皮膚科です。
一般的な皮膚科でも処方可能ですが、美容皮膚科の方が特化しています。

おススメ美容皮膚科ベスト3

第1位:シロノクリニック(恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪)

シロノクリニックは、あのドクターシーラボの生みの親、城野親德医師のクリニックです。
ホワイト377ウルトラという超強力美白クリームを処方してもらえます。
こちらは、顔などにも使えるクリームです。

また、このクリニックはメディアなどにも掲載されるクリニックです。

第2位:南青山スキンケアクリニック

VIOラインだけでなく、内もも付け根、ヒップ、脇などの黒ずみのレーザー治療に対応しています。
また必要に応じ、保険治療で黒ずみの解決を行ってくれます。

第3位:聖心美容皮膚科(札幌、東京、大宮、横浜、熱海、名古屋、大阪、広島、福岡、上海)

VIOラインだけでなく、顔や乳輪など、様々な黒ずみに対応しているクリームを処方してもらえます。

皮膚科でVラインを解消するのがベスト

VIOラインは、人に相談しづらい部分ですが、皮膚科医に見てもらうのが一番良いというのがわかりました。
恥ずかしがらずに、一歩を踏み出せば、きれいなVラインを手に入れることができます!
まずは、皮膚科医へ行ってみましょう!